« 2007年07月 | メイン | 2008年10月 »

2007年08月22日

肥満は感染する?

以前にも「肥満は感染する」という記事を書きました。
そのときは、肥満の隣人がいると、その人の生活に影響され、肥満する傾向にあるという話題でした。
実際には感染するわけではなく、間接的に影響を受けるだけです。

しかし、今度のニュースは、肥満の原因がウイルスであったという話題です。
本当に感染するかもしれません。

肥満の一部はウイルスが原因? 米グループが発表

によると、
美容のために行われる脂肪吸引で得られた人間の脂肪組織から、さまざまな細胞に変化する能力を持つ幹細胞を抽出し、風邪や結膜炎の原因となるウイルスの仲間アデノウイルス36を感染させると、幹細胞の半分以上が脂肪細胞に変わったという話です。

細胞に直接ウイルスを感染するこの種の実験は頻繁に行われています。
ウイルスの感染力を応用し、細胞にある種の遺伝子を導入したりします。

しかし、生体の場合は、ウイルスに対する免疫が働きます。
実際にアデノウイルス36が人間の肥満に関係するかどうかは、更なる研究が必要でしょう。

投稿者 kou : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

2007年08月15日

あなたはメタボリックですか?

失礼な質問とお怒りの方もあるかと思いますが、ジョンソン・エンド・ジョンソンが一般人を対象にした調査です。

質問 「自分をメタボリックシンドロームだと思うか」

・3人に1人の31・2%が「だと思う」

・男性では38・0%が「だと思う」
・50代男性では57・0%
・女性では24・3%で男性よりも低い結果。

しかし、気にはしていても実際にウェストを測ってチェックしたヒトは、そのなかの1/4だったようです。

多くの方が気にはしているものの、実際にチェックしたヒトはかなり少ないようです。
更にチェックしてメタボリックシンドロームと分かっても、対策をしているのは少ないと思います。

メタボリックシンドロームは将来、心臓病や脳卒中などになる危険率が高くなります。
残念ながら、このリスクについては未だ十分には浸透していないようです。

調査結果の詳細を以下のページでご覧になれます。
8月10日「健康ハートの日」
第3回「心臓に関する意識」アンケート調査結果
全国1,200人の「メタボリックシンドローム」への関心はいかに?

投稿者 kou : 17:27 | コメント (0) | トラックバック

2007年08月13日

肥満が家計を圧迫!

肥満はメタボリックシンドロームを誘発すると言われ、健康上の問題としてとらえられています。
しかし、健康だけでなく家計も圧迫することが分かり話題になってます。

太りすぎは家計にも影響?年間医療費2.5倍 京大研究所が推計
標準体形の男性が20キロ太ると、糖尿病や高血圧になりやすくなり、年間医療費が2.5-1.3倍に跳ね上がるとの推計を京都大経済研究所の古川雅一研究員(医療経済学)らがまとめ、8日発表した。

肥満が直接家計を圧迫するのではなく、それによって誘発する疾患の治療のための医療費が高くつくという話です。

アメリカでは、肥満に対する医療費が財政を圧迫しているとして、大きな社会問題になっています。
日本でも、肥満のヒトが急増しており、将来は財政を圧迫するとして問題になると思います。

これはもう自分だけの問題ではないです。

私も肥満を解消するために、ジムに通っていますが、この費用がバカになりません。
我が家の家計を圧迫しているのは間違いありません!

投稿者 kou : 23:10 | コメント (0) | トラックバック