« 2006年09月 | メイン | 2007年01月 »

2006年10月29日

働き盛りは運動不足

30、40歳代のサラリーマンの方、現場で労働されている方が一番忙しいのではないでしょうか。
自分の健康を考えてときどき運動するという時間が無い方が多いと思います。

働き盛り「運動不足」8割、「肥満」半数近く 内閣府世論調査が報道されています。

「肥満や運動不足を自覚する人の割合が平成3年の調査開始以来、最高となっているそうです。
年代別にみると、30、40歳代といった働き盛りで「肥満・運動不足」とした人が多くなっています。

30、40歳代の肥満や運動不足への関心の高まりの背景には、内臓脂肪型肥満が原因で、さまざまな生活習慣病が発症する「メタボリックシンドローム」があります。
マタボリックシンドロームになると将来動脈硬化になる確率が跳ね上がります。
食生活や生活習慣を正し、定期的な運動などをしていかないと、寿命が縮まります。

政府では「健康21」を発表し、運動を奨励しておりますが、実際には仕事に追われて運動できない方が多いと思います。
政府は、忙しすぎる世の中を改善しないといけません。
一方で格差社会を助長し「働け、働け」といい、一方では「健康に気をつけろ」と言っているようです。
矛盾していると思います。

こうなったら、自分で気をつけるしかないです。
こんな世の中にどっぷり浸かるとト、健康で幸せを求める生活とどちらが良いですか。

投稿者 kou : 10:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月24日

男性の肥満増加

成人男性の肥満者が3割を占めるまでに増えたようです。

「健康日本21」(2001~10年)の目標では、成人(20代~60代)男性の肥満者の割合15%以下となっているが、04年の健康・栄養調査では、目標策定時の24.3%から逆に増えて29.0%になった。
また、成人の野菜摂取量は、1日267グラムで、目標策定時の292グラムより25グラム減少、目標値の350グラム以上から遠のいている。過剰が目立ったのはアルコール類、肉類、油脂類です。

つまり、野菜の摂取量が減少し、アルコール類、肉類、油脂類の摂取が増えたために、肥満者の割合が増えたと考えられます。
確かに、日頃の生活を振り返ってみると、そのような傾向があります。
食生活を見直し、意識的に改善していくことが重要だということではないでしょうか。

投稿者 kou : 23:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月07日

早食いの子供ほど肥りやすいことが証明されました

「食べ物を早食いする子供は、ゆっくり食べる子供に比べて肥満度が高いことが、東京歯科大とライオン歯科衛生研究所の共同研究で明らかになった。」そうです。
反対に、「おやつの回数」や「夜食の有無」「運動する頻度」といった、一般には肥満との関連が指摘されている生活習慣は、今回の調査では、関連性がみられなかったそうです。

おやつや夜食に関しては、注意を払っておられる親御さんも多いと思いますが、実際には肥満とは関係ないようです。
この研究は、沖縄県八重山地区の小学5年生256人(男子137人、女子119人)を対象に行われました。
育ち盛りの子供には、おやつも夜食もある程度必要ということでしょうか。

早食いに関しては、大人では従来から肥満との関係が明らかにされています。
早食いすると、満腹度が得られないために食べすぎの傾向になることが、原因と言われています。
更に、最近の研究では、早食いで脂質を貯め易い体にセットされると言われています。

育ち盛りの子供に、「ゆっくり食べないと太ります」といっても聞き入れないと思います。
ファーストフードや麺類などの様な、かまずに食べられるものは避けた方が良いでしょう。
間食も適当に与えて、お腹が空きすぎない様にして、食べすぎを抑える様にした方が良いでしょう。

投稿者 kou : 19:48 | コメント (0) | トラックバック

早食いの子供ほど肥りやすいことが証明されました

「食べ物を早食いする子供は、ゆっくり食べる子供に比べて肥満度が高いことが、東京歯科大とライオン歯科衛生研究所の共同研究で明らかになった。」そうです。
反対に、「おやつの回数」や「夜食の有無」「運動する頻度」といった、一般には肥満との関連が指摘されている生活習慣は、今回の調査では、関連性がみられなかったそうです。

おやつや夜食に関しては、注意を払っておられる親御さんも多いと思いますが、実際には肥満とは関係ないようです。
この研究は、沖縄県八重山地区の小学5年生256人(男子137人、女子119人)を対象に行われました。
育ち盛りの子供には、おやつも夜食もある程度必要ということでしょうか。

早食いに関しては、大人では従来から肥満との関係が明らかにされています。
早食いすると、満腹度が得られないために食べすぎの傾向になることが、原因と言われています。
更に、最近の研究では、早食いで脂質を貯め易い体にセットされると言われています。

育ち盛りの子供に、「ゆっくり食べないと太ります」といっても聞き入れないと思います。
ファーストフードや麺類などの様な、かまずに食べられるものは避けた方が良いでしょう。
間食も適当に与えて、お腹が空きすぎない様にして、食べすぎを抑える様にした方が良いでしょう。

投稿者 kou : 19:48 | コメント (0) | トラックバック