ペットボトル症候群?

健康倶楽部ホームページ >>



ペットボトル症候群?

ペットボトル症候群?てご存知ですか。
医学的専門用語では「ソフトドリンクケトーシス」というらしいです。

糖尿病の遺伝的素因を持つ人がジュースなど糖分を含む清涼飲料水を大量に取り続けることが原因です。
数週間から数カ月で発症し、血糖値が異常に高くなります。
主な症状としては、のどの渇きや頻(ひん)尿などがあり、ひどくなると意識が混濁まで進むようです。

夏場はペットボトルでジュースやアイスコーヒーを飲む機会が多いと思います。
日中外に出てゴルフしたり、重労働をすると、誰でも水分が欲しくなります。
一日に3本くらい飲む方も多いと思います。
しかし、このジュースの中には大量の糖分が含まれているものがあります。
冷たくしても甘く感じるためには、糖分を多めに入れておく必要があるのです。

肥満の人、経験がある人、身内に糖尿病患者がいる人は要注意です。
ペットボトル症候群になり易いのです。
該当する方は、のどが渇いたときは、麦茶がお勧めです。
最近では、カロリーオフのドリンクも沢山ありますので、そちらを選ばれても良いと思います。


投稿者 kou : 2006年07月20日 21:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/858

コメントしてください




保存しますか?