« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月26日

良く寝る子は太らない

大変興味部会データが、富山大のグループから日本睡眠学会で発表されるようです。

睡眠時間が9時間未満の3歳児は、11時間以上の3歳児に比べ、中学1年生までに肥満になるリスクが1.59倍になるという。 ことだそうです。

睡眠時間が短いことで、脂肪を分解する成長ホルモンの量が減ったり、交感神経の活動がおさまりにくくなり血糖値があがったりしている可能性があるという。 らしいです。

よく子供と一緒にTVを見ている親がいますが、子供は親以上に長い時間寝る必要があります。
子供の睡眠時間は親が管理してあげましょう。
太ったお子さんをお持ちのお父さん、お母さん、見覚えはありませんか?

これから子供を育てる若い夫婦の方は、子供の睡眠時間には気をつけてあげましょう。


投稿者 kou : 21:33 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月17日

肥満を一番気にしているのは40代

実際、40代は一番太ってます。
BMI値が25以上で「肥満型」にあてはまる人を年代別にみると、40代が最も多いのです。

全国の20歳以上の男女を対象に5月5日から7日まで、インターネット上で行われ、結果は、5123人の有効回答の中から、男性(2745人)の意識を中心にまとめたもの(キリン)。

よく働き、よく食べ、よく飲む反面運動をしないのが40代なのです。

全国のお父さんご苦労様です。

投稿者 kou : 20:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月12日

厳格な親の子供が肥満になりやすい

子供の肥満には親の言動も関係ありそうです。
米国で発表された調査報告によると、厳しい親の元で育つ子供は6歳までに肥満児になる可能性が高いという統計結果が出たそうです。
肥満の原因は大人と同じストレスによるものだそうです。

逆に「放任主義」の親の場合も、肥満児になる可能性が高いそうです。

ではどうすればいいんだ?

肥満児を持つ割合がもっとも低いのは、「高圧的」だが、子供に自分自身をコントロールすることを高く期待しながらも、子供の意見も尊重し、明確な境界線を設定するタイプの親だそうです。

子供の考えを尊重しながら、「ダメなものはダメ」と言い切れるしっかりした親だということです。

これは、親子の関係だけでなく、会社の上司と部下の関係にも当てはまるのではないでしょうか。
しっかりした考えを持って、部下の気持ちを尊重する上司のもとで働けば、ストレスも少ないのですが?

投稿者 kou : 21:27 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月01日

肥満の原因は飲み物

花王<4452>が行った「飲み物の摂取意識調査」でにより、サラリーマン・OLの一日の平均水分摂取量は、500mlペットボトル約3本分だが、その中身はコーヒーなどの嗜好品やアルコールが半分を超えていることが分かったそうです。【ライブドア・ニュース 05月31日】

サラリーマン・OLの68%が「太っている」と自覚しており、やせ型・標準型に比べ約1.3倍、肥満の人の方が飲み物からカロリーを摂取しているという。肥満の人が好んで飲む飲料は、「缶コーヒー」(46%)、「アルコール飲料」(40%)、「炭酸飲料水」(30%)の順で、肥満度が高いほど摂取率も高いそうです。

貴方は覚えはありませんか?

肥満気味の方は食べ物については気をつけているが、飲み物には意外に気をつけていない方が多いのではないでしょうか。
という私もこの傾向にあります。

飲み物中のカロリーは大変吸収率が高い上、実際にはかなりカロリーの高い飲み物が多いのです。

明日から、コーヒー、ジュース、ビールなどの、カロリーの高い飲料をさけて、お茶やミネラルウォーターなどに切り替えたら、意外に簡単にダイエットできるかもしれません。


投稿者 kou : 19:14 | コメント (0) | トラックバック