大豆ペプチドでアンチエイジング

健康倶楽部ホームページ >>



大豆ペプチドでアンチエイジング

運動直後に大豆ペプチドを摂取すると、血中の成長ホルモン濃度が上昇するという研究成果が関西鍼灸大学整形外科教授の増田研一助氏によって報告されそうです。

運動直後にプラセボを摂取してもらった場合と、大豆ペプチド8000mg を摂取してもらった場合の血中成長ホルモン量を比較した結果、大豆ペプチドを摂取したときは、しない場合よりホルモン濃度が上がることが確認された。
特に若者群では大豆ペプチド摂取により13倍以上多く成長ホルモンが分泌されたそうです。
中高年群では、18時間後もプラセボ群と比べて2倍弱の濃度を示し、大豆ペプチドが成長ホルモンの分泌を促すことが確認されたとともに、年配者の成長ホルモンの減少を補強する可能性も示唆されたそうです。

成長ホルモンといえば、最近は肌の弾力を高めてシワを減らすなど、アンチエイジングにかかわるホルモンとしても注目を集めています。大豆ペプチドはその分泌量を増やすことでき、アンチエイジング効果も期待できるのではないかと言われています。

★大豆ペプチド 人気商品★


投稿者 kou : 2006年05月27日 23:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/764

コメントしてください




保存しますか?