野菜は脳卒中を防ぐ

健康倶楽部ホームページ >>



野菜は脳卒中を防ぐ

野菜を沢山食べれるとお通じに良いことは、生活の上でご存知の方も多いと思います。
また、ダイエットのために野菜を沢山摂っている方も多いと思います。

ここにきて、野菜の効果について、凄い報告がありました。
これは、英国の権威ある医学雑誌「Lancet」に掲載された報告です。
それによると・・・
野菜や果物の摂取量が1日3単位未満の人と比べると、5単位以上の人では脳卒中になる危険性は26%も低く、3~5単位では11%低いことがわかったそうです。

「1単位」とは、野菜なら80gくらいで、ホウレン草のおひたしなら1皿、野菜サラダなら1皿、ミカンなら1個、リンゴなら2分の1などの量です。
しかし、4単位を摂っている人はほとんどいないようです。

高齢者の死因で1、2位を争うのが脳卒中などの血管疾患です。
また、脳卒中で助かっても、寝たきりや、半身不随になる方が多い様です。
野菜を沢山食べて、健康で元気なシニアライフを楽しみましょう。


投稿者 kou : 2006年03月12日 12:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/606

コメントしてください




保存しますか?