春はどうして眠たいのか?

健康倶楽部ホームページ >>



春はどうして眠たいのか?

春眠暁を覚えずという言葉があります。
この頃、朝なかなか起きられず、いつまでも眠っていたいという方が多いと思います。
これは、気持ちの問題でなく、体に原因があると言われています。

季節の変わり目には自律神経やホルモン代謝が乱れ、疲れやすくなるために眠くなる」
「日照時間が長くなるために体内時計が乱れて眠気を誘う脳内物質の分泌が活発になる」
「春は新陳代謝が活発になり、ビタミンB1が不足して眠くなる」
など、いろいろな諸説があります。

これは解消するには、ちゃんと栄養バランスをとった食事をすることが大切です。
特にビタミンB群を沢山とることをお勧めします。
ビタミンB群は、食べた糖質や脂質をエネルギーに変換するのを助ける栄養素です。
ビタミンB群は、豚肉や玄米、ごま、さやいんげんなどに含まれています。

★眠気を解消するビタミンBやグリシンを含む健康食品はこちらでご覧下さい★

★頭脳労働の多い方はフォスファチジルセリンで脳機能を改善して眠気を吹き飛ばしましょう。★


投稿者 kou : 2006年03月06日 22:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/598

コメントしてください




保存しますか?