« 2005年12月 | メイン | 2006年03月 »

2006年02月27日

じゃばらで花粉を吹き飛ばせ

楽天のデイリーランキングの1位にじゃばらお試しセットが輝いてます。
じゃばらとは、「邪をはらう」という語源からつけられた演技の良い柑橘です。
ユズよりも果汁が豊富で種が少なくまろやかな味です。
疲労回復に効果のあるビタミンや風邪予防効果のあるといわれるカロチンも含まれてます。

じゃばらは、疲ビタミンAとCがとにかく豊富で、カロチンも含まれ、栄養価に優れています。平成13年3月(北山村販売センター実施)、14年2月(北山村販売センター実施)に行ったモニター調査では、約半数の方が花粉症に効果があったとご回答いただき、「花粉症が改善した」「鼻炎に効果があった」といううれしいお便りが全国各地から届いています。(ホームページより引用


【お1人様1セット限定】じゃばらお試しセット1【お1人様1セット限定】じゃばらお試しセット1
価格 1,500円 (税込) 送料別
■じゃばら果汁 100ml 1本
■じゃばらドリンク太陽いただき1000ml 1本
■じゃばら飴 210g 1袋
■じゃばらマーマレード 140g 1個

投稿者 kou : 21:08 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月26日

花粉症対策(2) 花粉をブロック

花粉症対策シリーズ第2弾です。
花粉症は原因である花粉を避けることが第一です。

室内の花粉を減らす方法についてまとめます。
・室内では窓の開閉を最小限にする。すきまはふさいでおく。
・室内の掃除は落ちている花粉が舞い上がらないようにこまめに行う。

最近では性能の良い空気清浄機が安価で手に入るようになりました。
空気清浄機にもいりいろありますが、室内の花粉をほとんど除いてくれるような高性能なものがあります。

ここでは、価格と性能のバランスが良く、人気があって良く売れている商品を三つ紹介します。
楽天ランキング「空気清浄機」ジャンルでも三機種が人気上位機種になってます。

◇ ダイキン 空気清浄機 光クリエール フラッシュストリーマ ACM75F-W
パワーアップした電撃ストリーマで強力除去!!
ダニ、カビ、花粉など28種類のアレル物質を99.6%以上カット
電撃ストリーマ×光触媒で、いやなニオイも強力脱臭
バイオ抗体フィルターで、ウィルスを約1分間でスピード除去
8畳を9分でキレイにするハイパワー
標準運転でも31dBささやくような静かさを実現
多彩な機能をリモコンでらくらく操作

◇ ナショナル 空気清浄機 F-PXA28
12種類のアレル物質抑制を可能
アレル物質を抑制するスーパーアレルバスターフィルターの新たな効果を検証。特に花粉に関しては、従来のスギ花粉に加え、ヒノキ・ブタクサ・カモガヤ(イネ科)花粉の抑制効果を検証しました。これにより1年を通じて花粉を抑制することが出来るようになりました。

◇ シャープ 空気清浄機 FU-R51CH
パワーアップした「除菌イオン」とミストの力で空中浄化力が更にアップ。
「除菌イオン」で空中攻撃。
アレルゲン(ダニの糞・死骸、花粉)、浮遊カビ菌、浮遊ウイルスをとらえます。
ミストのチカラが加わって「除菌イオン」の効果もアップ。
新開発高性能フィルター搭載。
さらにパワーとやさしさを追求しました。
運転時はもちろん、待機時電力もクラストップの省エネ設計。

投稿者 kou : 21:39 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月25日

インフルエンザ流行峠越える?

今年インフルエンザにかかった人は例年に比べて少ない?のではないかと印象を持ってます。
私の職場でも風邪をひくひとはいましたが、インフルエンザにかかる人はいませんでした。

国立感染研究所のデータをみると98年と05年に大流行しましたが、それに比べると今年は少ないのではないでしょうか(未だデータがでていません)。
これは、インフルエンザワクチン等による感染予防対策が人々の間で定着したためでないでしょうか。

「2005年第45週から拡大が続いてきたインフルエンザの定点あたり報告数(医療機関あたりの患者数)の全国平均値は、2006年第5週(1月30日~2月5日)には、前週の32.4から30.1へと初めて減少した。国立感染症研究所の感染症情報センターが2006年2月14日に更新したインフルエンザ流行レベルマップで示された。」

峠を越えた?のかもしれません。
しかし、まだまだ寒い日が続きますし、鳥インフルエンザの問題等もありますので、風邪予防対策をしっかりとりましょう。

投稿者 kou : 19:49 | コメント (0) | トラックバック

花粉症を乳酸菌で撃退

花粉症の季節になりました。
鼻水が止まらない、涙がでてくる、ひどくなると喉や頭まで痛くなります。
辛い季節です。
この花粉症を乳酸菌で撃退できるというお話をします。

少し専門的な話をしますがお許し下さい。
体のなかには私達を感染症から守ってくれている白血球があります。
特にヘルパーT細胞というのが重要な働きをします。
ヘルパーT細胞には、Th1とTh2があり、両者の生存量はバランスを保っています。
アレルギーはこのT細胞のバランスが崩れることによって起こることがわかってます。
昔は細菌などの感染症のリスクが高かったので、細菌を攻撃するTh1が優位でした。
しかし、最近は衛生的な環境になったためTh1の役目が少なくなり、結果的にTh2が優位になってます。
このTh2はアレルギーの原因になるl抗体を産生します。
これにより、現代人は皆アレルギーを発症し易い体質になっていると言えます。

乳酸菌を取ると、Th1が活発になった結果Th2が抑えられることが分かってきました。
乳酸菌によりアレルギーが抑制されるケースがあるのです。

特に「L-92乳酸菌」という乳酸菌はTh2を積極的に減少させる作用があることも分かってきました。

これらの理由に乳酸菌を摂ることで花粉症が改善さえる可能性があるのです。
乳酸菌は胃腸にも良いので、正に一石二鳥といえます。

★L-92乳酸菌含有製品リスト★

投稿者 kou : 09:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月21日

花粉症対策(1)

花粉症のシーズンが始まりました。
花粉症は備えあれば憂い無しです。花粉を避け、発症し難い体質を獲得しましょう。

スギ花粉症
患者は全国で約2000万人とも言われています。
他の病気と異なり必ずしも病医院で治療を受けるわけではなく、症状が軽ければ市販のくすりで済ませたり、がまんしたりと正確な実態はつかみ難いのが現状です。しかし、少なくとも花粉飛散量の増加とともに環境や個々の体質の変化とあいまって、ここ十数年花粉症の数は増加しています。

花粉症対策
花粉症はその花粉を避けることが第一です。当たり前のことですがとても重要なことです。

・外出の際は花粉が付着しにくい衣類で、マスク、メガネ、帽子などを着用する。
・外出後は室内に花粉を持ち込まないように衣類等をよくはらい、からだに付着した花粉はうがい、洗顔、洗眼等でよく落とす。
・室内では窓の開閉を最小限にする。すきまはふさいでおく。
・室内の掃除は落ちている花粉が舞い上がらないようにこまめに行う。
・洗濯物の干し方にも注意する。
・天気予報や花粉情報を参考にして行動する。


★打倒花粉 花粉ケアアイテム 2006★


投稿者 kou : 21:14 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月18日

運動はアルツハイマー病発症を予防

少なくとも週3日軽度の運動を続ければ、高齢者に見られるアルツハイマー病や他の認知症の発症リスクが30~40%低下することが、医学誌「Annals of Internal Medicine」に発表されました。

高齢化社会を迎えます。体は元気でも頭がボケたら楽しい老後を迎えることができません。
運動がボケを予防するという今回の報告は大変重要です。

「研究開始時に15分間の運動を週3日以上定期的に行っていた人は、それより運動量が少ない人に比べ認知症の発症リスクが32%低かった。」

運動は年取って急に始めると体に無理が無理がかかることがあるので、インストラクターの指導や専門書で勉強してから行うことを進めます。

今回の発表では、「研究開始時に体力が最も低いレベルにあると判断された人が定期的に運動することによって、体力がこれらの人たちよりも高かった人に比べ認知症発症のリスク低下率が高かった。」ということが報告されています。
このことから、若い方うちから日頃から少しでも運動を継続して体力を高めておくことが重要であることが分かります。

投稿者 kou : 12:20 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月12日

αリポ酸の選び方

αリポ酸関連の商品は沢山あります。
どの商品を選んだら良いか、αリポ酸をどれくらいの量飲めば良いか、よくご存知でない知らない人も多いかと思います。
そこで、これらの点について、幾つかアドバイスさせて頂きます。

1日摂取量の目安
・αリポ酸のみで抗酸化力を期待するのであれば、50-100mgを摂取したいものです。
・糖尿病の合併症などへの抗糖化作用を期待するのであれば、100mg以上。
・喫煙や飲酒などのストレスの多い人は100-200mg。

どのような製品を選べばよいか
αリポ酸は他の抗酸化剤の作用を高める作用があるので、ビタミンC、E、コエンザイムQ10などの他の抗酸化剤(を含む製品であれば、αリポ酸の量は20-30mg程度でも良いと思います。
美容効果を期待するのであれば、アルギニンなどのアミノ酸類やLシステインを含むものが良いでしょう。

○αリポ酸100mg含有
★ロート製薬美活工房 リポα100 ★

○αリポ酸200mg含有
★井藤漢方 αリポ酸(アルファリポ酸) ★

★資生堂 サプレックスα-リポ酸★



◇ αリポ酸は他にも沢山あります。 ◇


投稿者 kou : 16:36 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月10日

アンチエイジング(3) αリポ酸

ダイエットサプリとして人気を博したαリポ酸ですが、最近ではそのアンチエイジング効果が注目されています。

抗酸化作用
私達の体のあらゆる細胞は、酸化による障害を常に受けています。
αリポ酸は体の隅々まで浸透sる性質があり、更に大変強い抗酸化力もあります。
このため、細胞を酸化障害から守ってくれるのです。

余分な糖から守る
また、血液中や細胞のなかの余分な糖は細胞に障害を与えます。
αリポ酸は細胞の糖利用を促進し、細胞を糖による障害から守ってくれるのです。

目や肩こりへの効果
最近の研究では、目の疲れを軽減、肩こりの緩和、などの効果が分かってきてます。体全身に作用している証拠だと思います。

美容
お肌は紫外線などの外部からの障害に常に曝されています。
αリポ酸は、これらの障害を、強い抗酸化力でブロックしてくれます。
更に、最近の研究では、お肌の弾力を維持しているコラーゲンの障害に対しても、αリポ酸が効果がある可能性が示されています。
コレーゲンは糖化されてダメージを受けますが、この糖化をαリポ酸は防いでくれると考えられているのです。

αリポ酸は全身に作用することでアンチエイジングが期待されています。

★αリポ酸は1日100mg以上とると抗酸化と抗糖化作用が期待できます★

投稿者 kou : 22:44 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月09日

アンチエイジング(2) 睡眠とメラトニン

睡眠は健康にとって大変重要な要素です。
睡眠は加齢とともに減少する成長ホルモンの分泌低下を回復してくれます。このため、睡眠はアンチエイジングに大変重要なんです。
よく、「寝る子は育つ」と言いまが、正に、睡眠→成長ホルモンの結果なのです。

この睡眠をコントロールしているのが、メラトニンというホルモンです。
脳の「松果体」から分泌されるホルモンで、体内時計をコントロールして睡眠と覚醒の周期を整えます。
このため、時差ぼけの薬として使われます。

メラトニンを摂ることで良質な睡眠が得られ、成長ホルモンの分泌量が増えて、アンチエイジング効果が期待できます。

残念ながらメラトニンは日本国内では入手できませんが、良好な睡眠を促すサプリや薬は日本でも手に入ります。

メラトニンは規則正しい生活で分泌量が増えてきますが、忙しい現代人には難しいのも事実です。
そんなときサプリメントで補うのは大変良いことだと思います。

また、上述したようにメラトニンそのものは日本では入手できませんが、メラトニンの構成アミノ酸のトリプトファンは入手できます。

良質な睡眠をとって、アンチエイジングしましょう。

投稿者 kou : 22:46 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月07日

アンチエイジングとは(1)

最近話題のアンチエイジングですが、老化を防ぐという意味だということは皆さんご存知だと思います。
しかし、漠然と老化を防ぐと言っても、いったいどうやって防ぐのか?
正確に知っている人は少ないと思います。
今日は、アンチエイジングの原理に少しだけせまりたいと思います。

老化にともなって起こる大きな現象はホルモン分泌量の減少です。
性ホルモン、成長ホルモン、メラトニン、DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)などが主に減少します。

成長ホルモンは子供のときは体全体が大きくなることを促進してます。
成人になると、筋肉の量や脂肪の量をコントロールしてます。
成長ホルモンの量が減少すると、脂肪が付き易い体質になります。中年太りの大きな原因になってます。
海外では成長ホルモン系のサプリメントが大ブームです。

成長ホルモンそのものは病院に行かないとくれませんが、L-アルギニンという成長ホルモンの構成要素のアミノ酸を摂取する方法も効果があります。

楽天でもアルギニンと成長モルモンで検索すると沢山、サプリメントが出てきます。
比較的安価なのでお勧めです。

成長ホルモン以外にも、アンチエイジング医療では、低下したホルモンの補充が主に行われています。

これらのホルモンの中で、比較的簡単に補うことができるのが「メラトニン」です。
メラトニンの話は次回にします。

アンチエイジングを正しく理解し、効果的なサプリメント補給と生活習慣の改善を行うことで、いつまでも若さを保って下さい。

投稿者 kou : 23:06 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月06日

チョコは虫歯を防ぐ

チョコは虫歯の対敵と思っている方も多いと思います。
しかし、最近の研究で、実はチョコは虫歯を防ぐということが証明されています。

これは、明治製菓と日本大学松戸歯学部の福島和雄氏らの研究グループによるラットを使った実験で明らかになったものです。

虫歯菌(レンサ球菌)に感染させたラットで、普通の食事を与えた群の虫歯スコアが32.9であったのに対し、カカオバターを与えた群では17.2、カカオバター+カカオパウダーを与えた群は10.8でした。
このように、カカオバター群およびカカオバター+カカオパウダー群は、普通の食事群に比べ、虫歯スコアを約半分に低くする効果が認められました。

普通の黒いチョコレートは、カカオマスにカカオバターと砂糖などを混ぜたものです。
それに対して、カカオバターのみに、粉乳と砂糖などを加えたものがホワイトチョコレートです。

これは、カカオにピロリ菌や大腸菌などに対する抗菌作用があるためです。
更に、カカオパウダーには、抗菌作用にとどまらず、歯垢をできにくくする働きもあることが明らかになってます。

という訳で、チョコは虫歯の対敵ではありません。
しかし、チョコだけ食べてほって置くと虫歯になります。歯磨きにより歯を清潔に保ちましょう。

投稿者 kou : 22:05 | コメント (0) | トラックバック

2006年02月05日

イソフラボンの血中脂質低下作用は期待薄

◇ 日本では美容に注目 ◇  
イソフラボンは日本では大豆イソフラボンとして健康食品とに使われています。
特に、女性ホルモン様の作用から、美容を促進するものとしてのイメージが強いと思います。

◇ 海外では心血管系の健康維持に注目 ◇
一方、海外では、心血管系の健康維持に有効として従来からサプリメントとして多用されています。
しかし、このほど米心臓協会(AHA)の栄養委員会は、イソフラボンを含む食品またはサプリメントについて、効果を示すエビデンスは貧弱で、安全性が確認されていないことから、摂取は推奨されないと結論しました。
また、大豆たんぱく質についても、大量に摂取するとLDLコレステロール(LDL-C)値は3%ほど低下するものの、HDLコレステロール、トリグリセリド、血圧などには有意な変化はないことが明らかになり、こうした危険因子の改善を通じた予防効果は期待できないと判断されました。(Circulation 2006、「Soy Protein, Isoflavones, and Cardiovascular Health. An American Heart Association Science Advisory for Professionals From the Nutrition Committee」)

◇ AHAの見解の変化 ◇
もともと、AHA栄養委員会は、2000年に大豆たんぱく質とCVDに有用であるとする見解を発表していました。
「米国人の健康維持に重要とされる飽和脂肪とコレステロールが少ない食事に、大豆たんぱく質を含む食品を組み込むことを推奨する」
今回の報告は、その後の研究により、以前の見解を立証するような結果が得られていないことからです。

◇ イソフラボンのホルモン様の効果 ◇
 また、イソフラボンについては、更年期症状、骨粗鬆症、がんのすべてについて有意な効果は示されておらず、安全性も確認されていない。したがって、イソフラボンを含む食品またはサプリメントの摂取は推奨されないとしています。

◇イソフラボンはサプリメントとして有益か ◇
 ただし、大豆製品は、多価不飽和脂肪、繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、飽和脂肪の含有量は少ないため、CVDその他の健康上に利益がある可能性があります。この分野の研究は活発に行われており、AHAは、研究結果を継続的にモニターしていくそうです。

◆ サプリメントの今後 ◆
米国では、サプリメントに対する評価を大変厳密に行っています。今回の結果も、長期に渡り臨床試験を続けてきた結果なのです。日本でも最近サプリメントブームと言われていますが、必ずしも証拠に基づいた製品が市場に出回っているとは思えません。消費者としては、健康に関する情報を自分で収集し判断する時代になっていると思います。

投稿者 kou : 11:25 | コメント (0) | トラックバック