« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

2005年11月22日

ウコンで二日酔い防止

二日酔い防止にウコン
ウコンは「二日酔いや悪酔いを防ぐ」ということは有名な話です。
年末になりお酒を飲む機会が増えますが、そんなときは飲む前にウコンを摂ると後が楽です。

ウコンはショウガ科の植物です
秋ウコン(ターメリック)、春ウコン、紫ウコン(ガジュツ)があります。
主な成分は、クルクミンと精油です。

ウコンの解毒作用
ウコンに含まれるクルクミンには以下に示す解毒作用があると言われています。
・肝臓の働きを高め、肝臓の解毒作用を高めます。
・発ガン物質を無毒化する解毒酵素を活性化します。
・強い抗酸化作用。

ウコンを摂ったら良い人
お酒好きの人、コレステロールなど血中の脂質の高い人、肥満気味の人。

摂り方
1日に1~3回程度、一日2-3gが適量です。お酒を飲むときだけでもOKです。

注意
長期間、大量に飲むと害になることもありますので、注意が必要です。

ウコンを含むサプリとドリンク
人気の商品を紹介します。

★ハウス食品 ウコンの力★
・1本にクルクミン30mg。
・肝臓に良いと言われているビタミンB6、C、E・イノシトールを配合。
・さらっとマイルドな飲み口(ウコンを熟知しているハウスだからこそできる配合)。

★キリン ウコン粒★
10粒中にクルクミンが65mg含まれます。抗酸化作用のあるビタミンC50mgとE5mgも配合で、健康維持に役立ちます。600粒の徳用サイズ。



投稿者 : 22:27 | コメント (0)

2005年11月13日

風邪予防にカブ料理が有効

あるある大辞典で風邪のときに手軽に風邪を防ぐ成分を摂れる野菜があると放送してました。
その野菜とはカブです。
カブはこれから収穫量が増えていきますので、入手し易くなります。
風邪の時期にカブ、グッドタイミングの風邪予防健康食です。

有効成分
カブの根の部分には、リゾチームが沢山含まれてます。リゾチームは市販の風邪薬にも含まれています。
リゾチームは喉や鼻の粘膜を丈夫にして最近からまもります。
また、茎や葉にΒカロテンが含まれてます。これも、リゾチームと同様の作用とウイルスを予防する作用があり、更に風邪予防効果を高めてくれます。

カブの料理レシピ
◇カブスープ
カブを刻んでミキサーにかけて、牛乳と混ぜて暖めてスープにするだけです。
◇ブリカブ
寒ブリといっしょに炊くと、この時期大変美味しいと思います。
◇鳥肉の炒め物
根、茎、葉、丸ごと鳥のひき肉といっしょにいためて、片栗でとろみをつけるだけ。
◇カブとベーコンの炒め物
ベーコンといっしょに油で炒めるだけです。脂溶性のΒカロテンの吸収が高まります。

寒くなってきました。カブ料理を食べて、風邪を予防して元気に過ごして下さい。




投稿者 : 21:44 | コメント (0)

乾燥する季節、美容と健康維持に加湿器は必需品です

もうすぐ本格的な冬になります。
この季節、空気が乾燥し過ごしにくくなります。
乾燥は、美容にも大敵!お肌が乾燥します。
また、乾燥していると風邪のウィルスの生存率もアップし、風邪をひきやすくなります。既に加湿器を使っている方も多いと思います。
今日は加湿器の種類と売れ筋商品を紹介します。
スチームファン式、ヒーターレス式、ハイブリッド式の3種類に分けられます。

スチームファン式
蒸発皿内の水をヒーターで加熱し、蒸気を発生します。吹き出し口の温度が高くなるの注意が必要です。
蒸気量は多いのです、その反面、消費電力は大きいです。蒸発皿にミネラル分が水アカとして貯まるので掃除も必要です。

ヒーターレス式
水を含ませたフィルターに、空気を噴きつけ、水を気化させます。
ヒーターを使用していないので、消費電力は小さい。蒸気は目に見えず、加湿力は小さい。加湿フィルターの交換が必要です。

ハイブリッド式
水を含んだフィルターに温風を当て空気中に放出します。
特徴としては、ヒーター式に比べて蒸気温度が低く、蒸気は目に見えません。蒸気量はヒーター式とヒーターレス式の中間くらいです、消費電力は小さい方です。加湿フィルターの交換が必要です。

★売れ筋の加湿器はこちらをご参照下さい!★


投稿者 : 12:00 | コメント (0) | トラックバック

2005年11月11日

ブルーベリーの効能

ブルーベリーには抗酸化物質が多く含まれております。
がん予防や、糖尿病性網膜症(糖尿病の合併症)の症状緩和に有効であることが、以前からよく知られていると思います。

これに加え最近、「ブルーベリーに含まれている成分が悪玉コレステロールを減らして、心臓病を予防する可能性が示された」という研究が発表されました(米農務省の化学者アグネス・リマンド博士)。
博士は、ラットの組織を使った研究を行い、 肝臓細胞の中のコレステロールなどの血液中の脂質を下げる役割を持った受容体に、ブルーベリー中の成分の一つがこの受容体をもっとも良く活性化させることを発見しました。
さらに、悪玉コレステロール(LDL)を下げる効果も突き止めたようです。

博士によると、「現在医療で一般的に使われているコレステロール降下剤には、しばしば筋肉の痛みや吐き気といった副作用をともなうものがあるが、ブルーベリーから抽出したコレステロール降下剤にはこうした副作用はない」とし、さらに、「生のブルーベリーを食べるだけでもコレステロールを下げる効果は期待できる」と言っています。

ブルーベリーはまさに現代の食の救世主ともいえる効能を持っているようです。ブルーベリーを毎日少しづつ摂って、健康生活をおくりましょう。

 ⇒ 楽天でブルーベリー製品を探すにはこちらをクリックしてみて下さい。


投稿者 : 12:10 | コメント (0)

2005年11月05日

「血糖値が気になる人」向けの特定保健用食品

特定保健用食品とは、健康に良い成分を含み、科学的にもその効用が証明されており、しかも安全な食品のことです。

血糖値が気になる人向け
血糖値が気になる人向けの特定保健用食品は、現在10数種類が厚生労働省から認可を受けて発売されています。
。特定保健用食品を上手に使うのも、血糖値コントロールの1つの方法といえます。
清涼飲料水や粉末清涼飲料では、
「食事のおともに食物繊維入り緑茶」(日清サイエンス)、「ヤクルト蕃爽麗茶」(ヤクルト本社)、
「糖健茶料」(サンスター)
「改善生活GL」(エスエス製薬)
「健人茶論」(近畿コカ・コーラボトリング)があります。
粉末状スープでは、
「グルコデザイン」(日清製粉)があります。
テーブルシュガーでは、
「あなたの味方」(台糖)が販売されています。

その他の特定保健用食品
コレステロールが気になる方向け
体脂肪が気になる方向け


⇒ 楽天で特定保健用食品を探す


投稿者 : 20:14 | コメント (0)

2005年11月03日

笑いの効能

米テネシー州ナッシュビルのバンデビルト大学「生物栄養学研究所」所長のマイケル・ブコウイスキー博士らは、笑いによるダイエット効果について欧州肥満会議(アテネ)で発表しました。

45組の友人同士のペアを、密閉された一室にいれ、「自然な状態で起きる笑い」をつくるため、被験者たちには研究目的を告げずに、話したり動いたりしないように指示しておきました。
次に、5本のコメディをスクリーンに映し、その間の笑い、鼓動、呼吸、酸素や炭酸ガスの測定値などを測定し、「笑い」のカロリー消費量を算出しました。

この結果、笑っているときの被験者たちの消費カロリーは「20%増えている」ことがわかりました。
もし、一日に10分間~15分間笑うとすると、1日で約50kcal消費されるほどになります。
1年間で2kg体重が減ることが期待されます。

但し、 社交的あるいは付き合い上での笑いでは効果がないそうです。
ユーモアたっぷりで、心底おかしくて笑ったり、思い出し笑いを誘うような「良質の笑い」がダイエットに必要ということです。

また、笑いはストレス開放にも良いと言われています。
毎日笑って、健康的な生活を送りましょう。


投稿者 : 11:47 | コメント (0)